無料画像がダウンロードできる選りすぐり8サイト

ぼくがふだん使い倒している、正真正銘の “厳選” 8サイトをご紹介。無料で、さまざまな高品質画像がダウンロードできます。

世の中の広告にちょいと目をやればすぐにわかることですが、ビジュアルはとても大事。Webサイトやブログの制作にフル活用ください。

Pixabay

使い勝手のいい、国内のダウンロードサイト。コンテンツ数が多く、写真だけでなく、イラストもまとめて検索できます。

写真のクオリティも高めです。Webサイトで使用するぶんには十分だと思います。検索結果の最上段にグレー枠で囲って表示されているのは、販売用の画像。その下にあるものはすべて無料で利用できます。

pixabay

Pixabay

写真AC

今回ご紹介するダウンロードサイトのなかで、唯一、登録が必要。が、その価値はあります。すべての画像をクレジット表記なしで使用でき、モデルリリースも取得済みです。人物写真も、肖像権を気にせずに使えます。

兄弟サイトに「イラストAC」「フォントAC」「地図AC」があり、そちらも利用価値大。父花のアフィリエイトサイトづくりには欠かせない無料ダウンロードサイトたちです。最敬礼。

photoac

photo AC

足成

こちらも、クレジット表記などは一切不要。ユーザー登録も不要で、まぎらわしい広告もない。非常に良心的な無料ダウンロードサイトです。

全国のアマチュアカメラマンが撮影した写真を無料提供しています。アマチュアといっても馬鹿にはできません。写真愛好家の方たちの写真ですから、高品位な写真がたくさんならんでいます。

気をつけたいのは、人物写真に、モデルの許可をとらないと使えない写真が混ざっている点。「モデルリリース取得済」と書かれた写真を選べば問題ありません。

足成

足成

写真検索さん

国内サイトにもかかわらず、世界中の無料画像が検索できます。

登録がいらず、広告もない、使いやすいサイトなのですが、使用時はクレジット表記が必須です。表記方法は写真の直下に表示されています。サイト上で、切り抜き加工やサイズ変更も可能。写真への直リンクが許可されており、サーバー容量の節約になるのはうれしいかぎりです。

タグをコピー&ペーストするだけで、著作権表記ごと、Webサイトやブログへ簡単に貼りつけられますから、使い勝手も上々です。

写真検索さん

写真検索さん

ぱたくそ

風物や人物の写真が中心。高品質で高解像度。写真のクオリティがとにかく高い無料ダウンロードサイトです。

眺めているだけ楽しい写真を満載。面倒なユーザー登録やクレジット表記は不要です。全画像、モデルリリース取得済みで、気兼ねなく使えます。

ぱたくそ

ぱたくそ

街画ガイド

東京の首都圏や、全国の観光スポットで撮影された写真が無数にあります。全画像、クレジット表記がいらず、商用利用可能です。

写真の品質もなかなかのもの。都内の街角スナップがほしいときは、ここで探しています。

街画ガイド

街画ガイド

morgueFile

登録画像数、じつに約100万枚。海外の無料画像ダウンロードサイトです。トップページに検索窓がどんとあり、広告もありません。英語でも、迷わずに使えます。

ただし、写真のクオリティは低め。素人ぽい写真が目立ちます。父花は、自分で撮影したスナップ写真のようなテイストの画像がほしいときに利用しています。

サイト上で切り抜き加工ができますし、直リンクもOK。海外の一般市民が日々、画像をアップロードしているので、画像点数は現在も増えつづけています。

morguefile

morgueFile

PHOTO PIN

美しい、あるいはしゃれた写真がてんこ盛りの海外サイトです。英語ですが、トップページに検索窓があり、使い方に迷うことはありません。

アフィリエイトサイトで利用する場合は、検索結果のサイドバーにある「License Type」の「Commercial」にチェックを入れましょう。

どの画像も、著作権表示が必要です。ちょっと面倒なのですが、文末に文字サイズを落として挿入しておけばOKです。

photopin

PHOTO PIN

 

あとがき

ネットには、無料で画像を入手できるサイトがたくさんあります。が、実際にそれらをのぞくとわかりますが、とにかく使い勝手の悪いものが多い。コンテンツと広告の境界があいまいで、知らず知らずのうちに広告をクリックしてしまうことも少なくありません。

それを狙っているンでしょうが……。

こんなわけで、無料画像がほしいとき、ぼくは毎回、まとめサイトのお世話になっていました。まとめサイトは便利ですが、「厳選」といいながら、何十サイトも紹介していたりして、目移りすることも多いです。

最終的にはこの8つがあれば、事足りるとわかりましたので、ぼくの備忘録も兼ね、本当の「厳選」をご紹介した次第です。

規約をいちおうご確認のうえ、自己責任でご利用くださいね。

papaflower について

山好きパパ。関東圏中心にあちこちの山に登っています。たまに娘も連れてきます。嫌がってます。このブログではおもに山行記録を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です