イリアス【Ilias】

トロイの遺跡

『オデュッセイア』とならぶ、古代ギリシアを代表する長編叙事詩だ。書いたのはホメロス

全24巻。ギリシア最古最大のボリュームを誇る。10年間にわたるトロイア戦争中の49日間の出来事を、トロイア軍とギリシア軍の戦況の推移を軸にして描いている。『オデュッセイア』は、英雄オデュッセウスの冒険譚がメーンプロットだが、こちらはアキレスの怒りがメーンテーマだ。

あらすじ

ギリシア軍総統のアガメムノンに、恋人を強引に略奪された勇者アキレス。はらわたが煮えくりかえる思いを味わった彼は、トロイア戦争から身を引いてしまい、その結果、さまざまな悲劇が引き起こされることとなる。物語にはアキレスやオデュッセウス、ヘクトルといったたくさんの英雄、最高神ゼウスや美の女神アフロディーテ、海神ポセイドンなどの神々が登場。英雄たちの悲運と、戦争のえげつなさがこれでもか! とばかりにダイナミックかつ仔細につづられていく。

photo credit: P1010605 via photopin (license)

papaflower について

山好きパパ。関東圏中心にあちこちの山に登っています。たまに娘も連れてきます。嫌がってます。このブログではおもに山行記録を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です