資格を取得するメリット、資格の選び方

コーヒーブレイク

未曾有の不景気が叫ばれてから、もうずいぶんと歳月がたちました。

景気の不況局面がつづくことを、俗に「鍋底景気」なんていいますが、過去の鍋底をふりかえってみても長くて2年ほど。それに対して、今回の不況はどのくらいつづいているでしょうか。

この状況、もはや不景気などという生やさしいものでありません。完全に日常です。日本経済は先の見通しが立たないくらい疲弊しつくし、冷え切っているのです。こんな時代ですから、頼りになるのは、もう自分だけ。政治や会社なんかまるでアテになりませんし、終身雇用や年功序列なんて、日本社会のどこをひっくり返してももう落っこちてはいません。

でも、ライバルに差がつくスキルさえ身についていれば、どんな逆境も恐るるに足らず。食いっぱぐれる心配は無用なのです。

資格は、こうしたスキルが自分に備わっていることを証明する、最良の手段となってくれます。

不況の隠し球「資格」をゲットすれば、イバラの道もバラ色に?

資格があれば、就職や転職が有利に進められますし、資格の種類によっては取得するだけで、独立や開業が果たせるものも少なくないです。脱サラやリストラ後の人生を、趣味や特技を活かした仕事でバラ色に輝かせるお手伝いをしてくれることもあるでしょう。

むろん、ひとさまの評価に値するスキルですから、やすやすと手に入るわけではありません。資格試験をパスするには、それなりのコツがあり秘訣があるのです。

というわけで、このブログでも、資格のいろはから、選び方、取り方、それぞれの資格の特徴や将来性、試験の難易度や、取得後に得られる収入などを随時、記事にしていきます。その昔、就職情報誌で少しばかりお仕事をしていた経験がありますので、そのころ耳にした話などもまじえてやってみたいと思います。

資格のいいとこ、わるいとこ

資格を手に入れると、こんなにいいことがあります。

  • 希望の会社に就職、転職できた。
  • 自分に自信がもてるようになった。
  • お給料があがった。
  • 女性にもてるようになった(とくに男性)。
  • 資格を使った副業で収入アップ。
  • そのおかげで、家族に大きな顔ができるようになった。
  • 親兄弟や親戚、友人などから一目置かれるようになった。
  • 好きなことが仕事になって、毎日がハッピーでしょうがない。

ただし、資格選びには、少し注意が必要。あなたが取ると決めたその資格、ほんとに大丈夫ですか?

じつは昨今の資格ブームに便乗し、あやしげな資格を勝手につくっては試験料をがっぽりふんだくってやろう、なんていうふとどきな輩がいるのです。けしからんです。

というわけで、このサイトではそういう本音の部分にもどんどんメスを入れていきますので、参考になさってみてください。

このサイトが、あなたがなにかを変えるきっかけになればうれしいです。以下の記事では、さまざまな資格についてくわしく解説しています。資格を探す際の地図となってくれるはずです。

では、早速、資格を探してみてください。

photo credit: Helga Weber via photopin cc

papaflower について

山好きパパ。関東圏中心にあちこちの山に登っています。たまに娘も連れてきます。嫌がってます。このブログではおもに山行記録を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です