古代ローマ帝国は結局どうなったのか?

3つの文化圏へと解体してしまう。西ヨーロッパには、ローマ中心のラテン語のキリスト教文化圏。東ヨーロッパには、コンスタンティノープル(ギリシア名はビザンツ)中心のギリシア語のキリスト教文化圏。だから、「ローマ-カトリック中世」と区別して「ビザンチン中世」という。また、北アフリカと中東には、アラビア語のイスラム文化が栄えた。632年にマホメット(ムハンマド)が死んだあと、中東と北アフリカはイスラム教が支配する。ほどなく、スペインもイスラム文化圏に入る。イスラム教にとっては、メッカ、メジナ、エルサレム、バグダッドなどが聖なる都市だった。

文化的に見ると、古代ヘレニズムの都市アレクサンドリアをアラブ人がひきついだことは大きな意味をもつ。なにしろ、ギリシアが誇る自然科学という大いなる遺産をひきついだのだから。かくして、アラブ人は数学、化学、天文学、医学といった学問を中世を通じてリードすることになる。こんにちでも、数学でアラビア数字を使っているのはその証拠。いくつかの文化で、アラブはキリスト教文化をしのいでいた。

papaflower について

山好きパパ。関東圏中心にあちこちの山に登っています。たまに娘も連れてきます。嫌がってます。このブログではおもに山行記録を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です