ネットでできる副業の長所と短所を徹底解説

副業で成功!

ネットでできる副業もいろいろ。それぞれに一長一短があります。

代表的なものをまとめてみました。

オンライントレード

株式投資は、昔から資産運用の代表格です。十数年前にネット証券が台頭してきたことで、(本業で)バリバリ稼ぐビジネスマンの財テクや、会社員の副業としても人気が高まってきました。

取り引きは難しそうな印象ですが、じつは口座開設から株式約定まで最短1週間。口座開設がすんだら、お金を入金し、サイト上で銘柄を選んですぐにでも売買が始められます。

ただし、これでは “投資” とはいえません。証券会社のサイトにある取引条件やQ&Aを熟読し、企業情報などをじっくりと読み込んでから、新調に銘柄を選ぶ必要があります。

なお、証券会社は使い分けが基本といわれています。実際、国内500万のネット口座に対し、利用者数は100万人程度。つまり、ひとりの投資家が5つの口座を持っている勘定なのです。

関連記事「初心者必見! オンライントレードの始め方」

オンライントレードのSBI証券

FX(外国為替証拠金取引)

日本円と米ドルなど、異なる国の外国通貨を売買し、利ざやを稼ごうという副業。就業中、移動中、休憩中、就寝前などのわずかな時間で取り引きがおこなえますから、会社員の方の副業として大人気です。

為替の変動幅などたかがしれているのでは、と思われるかもしれませんが、FXは元本(証拠金)にレバレッジをかけて取引ができます。つまり、少額の資金でも多額の取り引きがおこなえるわけです。

この結果、為替が有利に動けば、大きく稼ぐことが可能。ただし、為替が不利な値動きをすれば、損をする恐れもあります。

始めるのも簡単です。FX会社で口座を開き、入金をすませたら、最短翌日から取り引き可能です。口座開設や口座管理費は無料で、手続きはたった15分ほどで完了します。ネット接続環境さえあれば、株式の売買などよりずっと簡単に、しかも少額の資金でスタートできるのです。

口座を開設したら、FX会社が擁するマーケット情報を自由に閲覧できますし、FXの基礎知識やコツがわかる初心者向けコンテンツも充実しています。

FX会社はいくつかありますが、代表的なのは「DMM FX」。国内約20万人が利用するポピュラーなFX会社で、売買手数料は最安レベルです。スマホ対応でどこにいても取り引きできますから、副業デイトレーダー向きといえます。

DMM FX

2014-03-14_00h27_36

ネットショップ

商品を仕入れて、ネット上で販売する副業。基本的な商売の流れは街中のお店と同じですが、Webサイトが店舗代わりとなるので、低資金で始められるのが魅力です。

といっても、お店ですから、在庫を抱えるリスクやわずらわしい配送手続き、納期管理、ユーザー対応、クレーム処理などもありますし、税務署への開業届も必要です。

ネットショップの出店は、楽天やYahoo!といった大手ショッピングモールへおこなうもよし、独自にWeb上におこなうもよし。前者は、大手の強力な集客力を武器に商売ができる半面、出店料がかかります。後者なら、出店料は不要ですが、集客は自前でおこなう必要があります。さらに、ECサイトを構築・運営していくための技術力も不可欠です。

ネットショップは当たれば大きく稼げますが、初心者には敷居が高いといえます。

2014-03-14_00h28_54

ドロップシッピング

専業主婦の副業の代表格。一時期、家事の合間に月何十万円も稼ぐ主婦が続出しているとかで、ワイドショーや週刊誌で話題をさらっていましたね。

ネットショップの一種ですが、仕入れが不要なのが大きな特徴です。

始め方の手順は、(1)ドロップシッピング運営会社と契約、(2)ネット上に店舗を構え、ユーザーを集めて、運営会社の商品リストから好きなものを選んで販売、(3)成約したら、配送手続きや顧客対応の一切は運営会社に委託――という流れです。

在庫リスクもユーザー対応も商品手配もありませんから、ネットショップにくらべると、参入障壁はずっと低いといえます。すでに数十万人が参入していて、毎月数百万円を売りあげ、数十万円の副収入を得ているという方も少なくないようです。

ネットショップのように開業届は必要ありませんが、ドロップシッピング運営会社によっては契約時、開業届が必要となることもあります。

ドロップシッピング運営会社のもしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング

せどり

「せどり」というのはもともと古本用語で、古書店で安い本を買い、ほかの古書店に高く売りつけて利ざやをとる行為をいいます。ですが、現在の「せどり」は、BOOKOFFなどで仕入れた書籍、漫画、CD、DVD、ゲームソフトなどをネットオークションを使って転売する副業を指します。

オンライントレードやFXのように投機色が強くありませんし、ネットショップやドロップシッピングのように、専門知識も不要。右から左へと商品を横流しするだけで、だれでも気軽にはじめられるのが一番の長所です。実際、せどりで毎月数十万円の小遣いを稼ぐ大学生も少なくありません。

ただし、BOOKOFFに足を運び、商品を買って、持ち帰り、オークションに出品して、注文が入ったら梱包し発送する、という肉体労働がともないますから、稼げる金額には上限があります。病気などで働けなくなると、とたんに収入が途絶えます。

というわけで、会社員の方にはあまりおすすめできません。

2014-03-14_00h32_52

アフィリエイト

広告案件をWebサイトやブログ、メール、ソーシャルメディアなどで紹介し、成約したら広告主からマージンを受けとるビジネスです。

FXのように取り引きのたびに元手が必要になったり、元本割れするリスクがなく、ネットショップやドロップシッピングのように、ECサイトを運営するノウハウや開業届も不要。せどりのように足で稼ぐ仕事でもありません。

無料ブログを使えば、だれでも無料で気軽に始められますし、世の中で売られている商品なら、ほぼなんでもアフィリエイトすることができます。商品だけでなく、銀行や証券会社の口座開設や各種保険、学習塾、英会話学校、資格スクール、エステサロン、脱毛サロン、育毛サロンなどの資料請求や無料体験申込などでも報酬を得ることができます。

副業でおこなう方も多いのですが、なかにはアフィリエイト1本で生活しているケースも。月数十万円程度を稼ぐアフィリエイターはめずらしくありません。トップ層では、月数千万円を稼きだす方もいます。

ネットショップにも通じることですが、ネットの副業は、約1億人のネット人口を相手に商いができます。いったん、サイトにアクセスが集まりだしたら、あとはほうっておいても見込み客がやってきて、商品を購入してくれるのです。

しかも、アフィリエイトは、実際に商品を動かす必要がありませんから、物理的(肉体的)限界がありません。これが、ネットの副業はレバレッジが利く、といわれるゆえんです。

関連記事「アフィリエイトとは?」

ASPのトップページ

photo credit: Search Engine People Blog via photopin cc
ブックオフ岐阜則武店 / Yuya Tamai

papaflower について

山好きパパ。関東圏中心にあちこちの山に登っています。たまに娘も連れてきます。嫌がってます。このブログではおもに山行記録を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です