ドイツ観念論」タグアーカイブ

新プラトン学派の教え「神秘的体験が魂を救済」

ローマ時代(古代末期)の哲学の潮流のなかでも、いちばん注目すべきなのはこの新プラトン学派(紀元前200年ごろ)。プラトンのイデア説に影響された一派で、最重要人物はプロティノス(204~269年)だ。 プロティノスは、エジ… 続きを読む »