万物流転」タグアーカイブ

自然を構成する「元素」と「変化」の問いへの解

パルメニデスとヘラクレイトス双方の主張の対立は、第3の新しい主張を生み落とした。立役者は、エンペドクレスだ。両哲学者が放った鋭い思索にからめとられ、袋小路に入りこんでいた当時の哲学者らを、目の覚めるような折衷案でもって開… 続きを読む »

万物不動か流転か、パルメニデス対ヘラクレイトス

世界の材料たる「元素」に着目したミレトス学派はしかし、ひとつの元素がどのように変化して世界をかたちづくるのか、という「問い」を立てることはしなかった。 この「変化の問題」と格闘したのが、植民地エレアの哲学者たち――エレア… 続きを読む »