実定法」タグアーカイブ

自然権【Natural Right】

国家が国民に与える実定法上の権利などではなく、それ以前にぼくらが生まれながらにしてもっている権利のことだ。 ぼくらはみんな自由で平等で、なにかを所有する権利がある、それが侵される場合は抵抗したり革命を起こす権利がある、と… 続きを読む »

実定法【positives Recht】

法律や慣習、判定などの人間の行為がつくりだす法のこと。 自然法が永久的で絶対的な正当性を主張し、超経験的性格をもつのに対し、実定法は社会の現実に即し、その都度、制定されたり形成されたりし、実効性を擁する。