自然哲学者」タグアーカイブ

プラトンが7分でわかる!

プラトン(紀元前427-347)は、ソクラテスの弟子だ。 ソクラテスやプラトンが暮らしていたアテナイはそのころ、ギリシアで一二を争うポリスとして活況を呈していた。哲学者や知識人がつどい、それにともなってさまざまな学問が勃… 続きを読む »

ソフィストが哲学的関心を自然から人間へ

「元素」と「変化」の問いは、デモクリトスが完璧に解いた。彼は、自然界は原子(アトム)の集合体であり、自然界の法則によってたえまなく変化している、と見抜いたのだ。 こんにち、それが完璧な説明であったことは論を俟(ま)たない… 続きを読む »

万物不動か流転か、パルメニデス対ヘラクレイトス

世界の材料たる「元素」に着目したミレトス学派はしかし、ひとつの元素がどのように変化して世界をかたちづくるのか、という「問い」を立てることはしなかった。 この「変化の問題」と格闘したのが、植民地エレアの哲学者たち――エレア… 続きを読む »

最初の哲学者は、ミレトス派の自然哲学者タレス

哲学が産声をあげたのは、紀元前600年ごろのギリシア。このころ日本は縄文時代。ぼくらの先祖は狩猟採集生活をしていた。斧や槍を振りまわしてイノシシやシカをつかまえたり、木の実を集めたりしていたのだ。 そういう暮らしぶりだっ… 続きを読む »