アウグスティヌス【AUGUSTINE】

アウグスティヌス

アウグスティヌス(354-430)は、北アフリカ生まれ。ローマやミラノへ行き、後半生はカルタゴの近くの町ヒッポで司教として過ごした。

キリスト教徒になる前、さまざまな宗教や哲学を経験している。

たとえば、マニ教。マニ教は古代末期にかなり栄えた宗派で、宗教と哲学を半々に混ぜ合わせたような癒やしの教えを説いた。

マニ教は、世界を善と悪、光と闇、霊と物質というふうに、2つに分ける。霊の力が人間を物質の世界から引きあげて、魂を救済するとしていた。

けれどもアウグスティヌスは、そんなふうに善と悪をきっぱり分けるのはなんかおかしい、と思っていた。彼は、悪の問題――悪の起源は何か、という問題にずいぶんこだわっていた。そうして新プラトン学派に出会い、「悪は善なる神がいない状態で、独立して存在しているわけではないとの解釈を得る。

また一時期、ストア学派の影響も受けた。ストア学派は善と悪をはっきり区別することを否定したのだった。

そんな彼が一番傾倒したのはやはり、新プラトン学派だったという。

そこで彼は、すべての存在は神に由来する本性というものをもっている、という考え方に出会う。

彼は、新プラトン主義のキリスト教司教になった、というわけだ。

新プラトン主義キリスト教司祭の誕生

キリスト教とプラトン哲学が深刻な対立を生じる、とはまるで考えていなかった。

たとえば、イデア説にしても、キリスト教によると、世界は神が無からつくったものだが、神が世界をつくる前、神の考えのなかにイデアがあった、といった解釈で説明がついた。

ギリシアとユダヤの思想の折衷案をみつけるのに当時の知識人たちはみな骨を折ったようだが、彼にしてみれば、プラトン哲学とキリスト教の教えがあまりに一致するので、プラトンが旧約聖書を知っていたのではないか、と疑ったくらいだ。

ただ彼は、理性がキリスト教の問題に介入できるとしても限界がある、とも考えていた。

キリスト教は神の神秘の教えだし、神秘的なものは信じることによってしか近づけない。キリスト教を信じれば、神は魂を「照らして」くれる。そうすれば神についての超自然の知識をわがものにできる、というわけである。

アウグスティヌスは、哲学が解明できることにはかぎりがあるとよく知っていた。キリスト教徒になって初めて、魂の安らぎを得たのだ。

「私たちの心は、主よ、あなたのうちに安らぐまで安らぎを知りません」

彼はそう書き残している。

アウグスティヌスの世界観

アウグスティヌス

ボッティチェリによる1480年ごろの作品

キリスト教の司教である彼は、

「あらかじめ救われる人間と地獄に落ちる人間は決まっている」

と考えていて、人間が神を否定する権利も否定している。

この点では、大昔の運命論に逆戻りしたともとれるが、人間に自由意志があることは否定していない。

われわれは救われるもののグループに入っていると確信できるような生き方をすべきで、神だけが、われわれがどんなふうに生きるかをあらかじめ知っている、というのだ。

アテナイの人間中心主義からは遠い印象だ。

アウグスティヌスはまた、歴史は神の国と現世の国との闘いだ、と考えた。

両者は人間一人ひとりの心中で、どちらが力を持つか競い合っている、と。

ヒマワリ

人間の心のなかではいつも、利他心と利己心(エゴ、自我)とのせめぎ合いが起きている、と僕も感じますので、アウグスティヌスに共感を覚えますネ。宗教には関心ありませんが。

ちなみに神の国は教会にあり、現世の国とはローマ帝国のような政治上の国。こうした解釈は、中世を通して教会と国家が権力争いをおこなうなか、輪郭をあらわにしてくる。

「教会の外に救いはない」というやつだ。

神の国=教会だから、神の慈悲にあずかるためには教会へ足を運べ、というこの思想は、16世紀の宗教改革までつづく。

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です