宇宙はビッグバンから始まった

地球

光は1秒間に宇宙空間を30万キロ進む。1光年はだいたい9兆5000億キロ。太陽までは8分強だ。夏の日差しは8分かかって照りつけてくる。

いちばん遠い冥王星は、地球から5光時離れている。天体望遠鏡で見る冥王星は5時間前の姿だ。

僕らの地球も太陽も、銀河系4000個の星のひとつ

僕らの太陽は、ある銀河の4000億個ある星のひとつだ。この銀河は「銀河系」と呼ばれている。銀河系はたくさんの腕を突きだした渦巻き状の巨大な円盤のかたちをしており、太陽は腕のひとつにある。

よく晴れた冬の空には広い星の帯が見える。天の川だ。あの帯のあるほうが、銀河系の中心なのだ。

天の川

天の川

銀河系のなかでいちばん近い恒星までの距離は4光年。銀河系全体の端から端までは9万光年もある。僕らが見ている銀河系の星が太陽から5万光年だとすると、僕らは5万年前の過去を見ていることになる。

宇宙を見るというのは、過去を見るということだ。たったいま宇宙がどうなっているかは、絶対に見ることができない。

そして銀河は、宇宙におよそ1000億個ある

宇宙にはほかにも、銀河系と同じような星のかたまりがたくさんある。それぞれ銀河と呼ばれている。天文学者は、宇宙にはおよそ1000億個の銀河があるという。

僕らの銀河系からいちばん近い銀河は、200万光年離れたところにあるアンドロメダ銀河だ。もしアンドロメダ銀河に天文学者がいて、地球を望遠鏡で見ていたとしても、僕らは見えない。せいぜいちっぽけな脳をもった最初の人類がぱらぱらといるだけだろう。

アンドロメダ銀河

アンドロメダ銀河

反対に地球からもっとも遠い銀河は、地球からおよそ100億光年。僕らがこの銀河の光をとらえるとき、僕らは宇宙の歴史を100億年遡ることになる。それは、僕らの太陽系ができてからこれまでの時間の2倍の長さだ。

ビッグバン以降、宇宙は膨張し、銀河と銀河は離れていく

宇宙の銀河はおそろしいスピードで離れていっている。遠い銀河ほどその速度は速いらしい。銀河同士の距離はどんどん広がっていて、風船のように宇宙は膨らんでいるのだ。

宇宙の膨張を説明する説はたったひとつしかない。

およそ150億年前、宇宙のすべての物質はごく小さな空間に集まっていた。物質はおそろしく密で、重力も熱もおそろしいほど高かった。ごく小さな、ひとつのかたまりだった。それが突然、爆発を起こした。「ビッグバン」だ。

ビッグバンは、すべての物質を宇宙のあらゆる方向にまき散らした。それらの物質が冷えて、星や銀河や月や惑星になった。宇宙が広がっているのは、このビッグバンが原因だ。宇宙は、時間と関係なく存在する場ではないのだ。

宇宙は事件だ。爆発そのものなのだ。銀河は途方ない速度でどんどん離れていっているのだ。

永遠に膨張するか収縮するかは、宇宙の総重量で決まる

それが永遠につづくかどうかはわからない。

万有引力と慣性の法則は、銀河と銀河にもあてはまる。宇宙が膨張しているとしても、引力もその逆の方向に働いている。そしてある日、数十億年先だけれど、ビッグバンの力が弱まると、引力は天体がまたぎゅっとまとまる方向に働くだろう。

すると今度は逆の爆発が起こる。収縮だ。風船から空気を抜くようなものだ。これにもビッグバンと同じくらいの時間がかかる。それでも最後は、銀河が全部、小さな空間に集まってしまう。そうなれば、次のラウンドではまた爆発が起こる。そして新しい星や銀河ができる。

天文学者は2つの可能性があるとみている。宇宙は永遠に膨張をつづけるか、また縮まるか、その2つである。どちらになるかは、宇宙にどのくらいの物質があるかで決まる。でもまだよくわかっていない。

キリスト教の直線的な歴史観に照らせば、永遠の膨張

もしいつか宇宙が縮まるとしたら、これまでに何度も膨張と収縮を繰り返してきた可能性が出てくる。あるいは永遠に膨張しつづけるとしたら、すべてはどのように始まったのかということが大きな問題になってくる。

キリスト教徒なら、ビッグバンを創造の瞬間に引きつけて考えるだろう。聖書には、神が「光あれ」といったと書いてある。キリスト教の歴史観は直線的だから、その教義には宇宙は広がりつづけるという発想がいちばんしっくりくる。

東洋哲学の回帰する歴史観に照らせば、収縮に転じる

東洋には回帰する歴史観がある。歴史は永遠に繰り返す、というやつである。

インドには、宇宙はどんどん広がって、それからまた縮まる、という古い信仰がある。彼らがいうところの「ブラフマンの昼」と「ブラフマンの夜」が交代するのだ。この発想は、宇宙は膨張と収縮を繰りかえしてるという考え方とぴったり重なる。

この宇宙のすべてが、かつてはひとつだった

とにかくすべての有機体は、かつてひとかたまりだった元素からできている。

電波望遠鏡は数十億光年も向こうにある銀河の光をとらえて、原始の宇宙のありさまを垣間見せてくれる。いちばん遠い銀河はビックバン直後の様子を示している。僕らがあおぐ空は、数十万年も昔の化石なのだ。占星術師にいまを占うことなんてできやしない。僕らは星屑だ。みんなビッグバンから始まっている。

宇宙のすべての物質は、ひとつの有機体のようなものなのだ。そのかたまりはとてつもなく中身がぎっしり詰まっていて、針の先くらいでも何十億トンもあった。この原物質が、自分自身の途方もない重力によって爆発した。そして、粉々になった。

空を見あげるたび、僕らは無意識に始原への帰り道を探しているのだ。宇宙の銀河同士は数十億光年も隔たっているけれど、起源はたったひとつ。

すべての星は家族なのだ。

 

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です