18世紀、合理主義から経験主義へ

イギリス

デカルトスピノザは筋金入りの合理主義者だった。

合理主義者は、理性が知の源だとして信頼を寄せる。生得観念があると考えているケースも多い。デカルトの「完全なもの」などがそうだ。彼は、そこから神は存在すると結論づけた。

合理主義は中世にも古代ギリシアのプラトンソクラテスにもみられたが、17世紀の哲学においてもメインストリームだった。

ところが18世紀に入ると、合理主義への批判が高まった。哲学者の多くは、感覚的な経験をしないうちは、僕らの意識に中身などないという立場だ。合理主義に対し、「経験主義」という。

経験主義者は、感覚が語りかけることから世界についてのすべての知を導き出そうとする。古典的な定義はアリストテレスが行なった。アリストテレスは、まず先に感覚のなかに存在しなかったものは意識のなかに存在しない、といった。イデア説を唱えたプラトンへの明快な批判だった。

18世紀の経験主義哲学をリードするのはイギリス人、ロック、バークリ、ヒューム

経験主義の哲学者の代表格は、ロックバークリヒューム。全員イギリス人。

17世紀の合理主義を最初に唱えたのは、フランス人のデカルト、オランダ人のスピノザ、ドイツ人のライプニッツだったから、イギリス経験主義と大陸合理主義という分け方をよくする。

経験を無視した、17世紀の合理主義者たちを痛烈に批判

ロックは先のアリストテレスの言葉を使い、デカルトを批判した。

人間は生得観念など持ってはいない。世界を知覚しないうちはなにも知らない。だから、経験した事実と矛盾する観念があるなら、それはまちがっている。

たとえば、神や永遠や実体という言葉を使うのは、理性を空回りさせることだ。だって、だれも神や永遠や実体を経験したことがないのだから。そういうものは思考のたわむれなのだ。

17、18世紀の合理主義の哲学者らはそういうペダンチック(衒学的)なことをつづった学術論文をたくさん引き継いでいたから、検証作業が必要だった。経験主義を標榜するイギリス人たちはあらゆる観念を洗い直し、経験に裏打ちされているかどうかを見極めようとしたのだった。

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です