ジョージ・バークリ【GEORGE BERKELEY】

ジョージ・バークリー

ジョージ・バークリ(1685〜1753年)は、アイルランドの主教(高位聖職者)で、イギリスの哲学者だ。

バークリは、哲学と科学はキリスト教の世界観を破壊している、と考えた。

とくに唯物論は、自然のすべてを神がつくり、生かしているとする信仰をおびやかすものだと感じていた。

筋金入りの経験主義者だった。人間は感覚を通してしか世界を知ることはできないし、外界は僕らが想像するとおりのものだが、「物質」ではないと考えた。

ロックは自然界には第一性質をもつ「実体」があるとした。デカルトスピノザと同じように、物質の世界は本当に存在していると考えていたが、バークリはそこを疑ったのだ。しかも経験主義の論理を使って。

存在するものは僕らが知覚するものだけであり、しかし僕らは「物質」「物体」を実際には知覚していない。

ヒマワリ先生

机を叩くと手が痛みますネ。バークリによると、それはテーブルの物質を感じたからではないのです。だって、夢のなかで机を叩いても痛い。つまり「痛っ!」と感じさせているのは、もうひとつの別の「意志」あるいは「精神」というわけです。

僕らのすべての観念は僕らの意識の外にあり、物質という本性をもたない、それこそが精神なのだと説明したのである。

もちろんその精神というのは、バークリにとっては「神」だ。

バークリはこんな言葉を残している。

「神が実在することは、だれかひとりの人間が存在することよりもはっきりと感じられる、と主張してもいいくらいだ」

僕らが知覚する物質世界はすべて、神の力の結果。五感による知覚は、神の御業なのだ。なぜなら神は、

「私たちの意識に親しく存在し、私たちがつねに周りから受けいれているさまざまな観念や知覚を、わたしたちの意識へ呼びこんでいる」

からである。

だから「存在するかしないか」はたいした問題でなく、むしろ

  • 僕らは何者か?
  • 血と肉からなる人間なのか?
  • 僕らの世界は現実だろうか?
  • あるいは神の意識にとりこまれているだけだろうか?

といったことが問題だと考えたのだった。

バークリは物質のリアリティだけでなく、時間と空間は絶対的な存在か、精神から独立した存在をもつか、ということも疑っていた。

 

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です