不可知論【agnosticism】

意識が感じとる感覚的経験の背後にある実在は、ロジカルに認識することはできない、という考え方だ。

わかりやすくいうと、この実在は究極的実在を指す。つまりは絶対者、神である。神の存在は、人知では知りえないとする立場なのである。

神の存在を認めつつ、ぼくらには認識できないとする立場と、神がいるかどうかさえぼくらにはわからないとする立場とがある。

ハクスリー(1825生まれの英国の動物学者)の造語。

papaflower について

山好きパパ。関東圏中心にあちこちの山に登っています。たまに娘も連れてきます。嫌がってます。このブログではおもに山行記録を書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です