ベーメ」タグアーカイブ

エックハルト【Johannes Eckhart】

1260~1327年ごろ。ドイツの神学者。ベーメとならぶ、ドイツ神秘主義者の代表。ドミニコ会(托鉢修道会のひとつ)に所属。 トマス・アクィナスの主知主義(知性的、合理点、論理的なものを重んじ、理性から道徳観を導きだそうと… 続きを読む »

ベーメ【Jakob Bohme】

1575~1624年。近代ドイツきっての神秘主義思想家。プロテスタント。 生業は靴職人。そのかたわらで、哲学的な思索に没頭。きっかけは25歳のころに得た啓示だという。このひともプロティノスらのように神秘主義的体験をしたの… 続きを読む »

神秘主義――ぼくらは神や宇宙とひとつになれる

神秘的な体験が悩める魂の救済に役立つとしたのは、新プラトン学派だけではない。 哲学だと、近代ではドイツ神秘主義のエックハルトやベーメが代表格だ。現代ではハイデガーなどが神秘主義者として知られている。 神秘主義を信奉する宗… 続きを読む »