哲学とか」カテゴリーアーカイブ

山と同じくらい哲学が好きです。なんだかおもしろいのです。

エックハルト【Johannes Eckhart】

1260~1327年ごろ。ドイツの神学者。ベーメとならぶ、ドイツ神秘主義者の代表。ドミニコ会(托鉢修道会のひとつ)に所属。 トマス・アクィナスの主知主義(知性的、合理点、論理的なものを重んじ、理性から道徳観を導きだそうと… 続きを読む »

ベーメ【Jakob Bohme】

1575~1624年。近代ドイツきっての神秘主義思想家。プロテスタント。 生業は靴職人。そのかたわらで、哲学的な思索に没頭。きっかけは25歳のころに得た啓示だという。このひともプロティノスらのように神秘主義的体験をしたの… 続きを読む »

社会契約説【Contrat social】

17~18世期のヨーロッパで人気だった理論。国家の起源について語っている。近代社会の黎明期の資本家たちの政治理論でもあった。 人間はもともと自然のなかで自然法にもとづいて国家も法律もなしに生活していたけれども、やがて自分… 続きを読む »

自然権【Natural Right】

国家が国民に与える実定法上の権利などではなく、それ以前にぼくらが生まれながらにしてもっている権利のことだ。 ぼくらはみんな自由で平等で、なにかを所有する権利がある、それが侵される場合は抵抗したり革命を起こす権利がある、と… 続きを読む »

実定法【positives Recht】

法律や慣習、判定などの人間の行為がつくりだす法のこと。 自然法が永久的で絶対的な正当性を主張し、超経験的性格をもつのに対し、実定法は社会の現実に即し、その都度、制定されたり形成されたりし、実効性を擁する。

ビッグバン

光は一秒で宇宙空間を30万キロ進む。一光年はだいたい9兆5000億キロだ。太陽までは8分強。夏の日差しは8分かかって照りつけてくるというわけだ。一番遠い冥王星は地球から5光時離れている。天体望遠鏡でみる冥王星は5時間前の… 続きを読む »

20世紀の哲学~実存主義以外

新トマス主義は、トマス・アクィナスの伝統につらなる思想をもう一度とりあげている。いわゆる分析哲学、論理実証主義はヒュームやイギリスの経験主義や、アリストテレスの論理学をとらえなおしている。それから20世紀には、新マルクス… 続きを読む »

20世紀の哲学~実存主義

20世紀にも哲学はある。ありすぎて収拾がつかないくらいある。まず「実存主義」。人間が現実に存在する状況を踏まえたいろいろな哲学をまとめて実存主義と呼ぶ。20世紀の実存哲学者あるいは実存主義者のなかには、キルケゴールから出… 続きを読む »

生命の起源

こんにち、地上には100万種以上の動物がいるが、それはこれまでに出現した動物種のほんの一部だ。三葉虫のように完全に絶滅したものもいれば、200万年ずっと変わっていないものもいる。動物も植物も、同じ一つの「原細胞」から分か… 続きを読む »